性感染症(STD)について

性感染症(性病)は、性交渉または性交渉に類似する行為によって人から人へ感染する病気です。以前は梅毒、淋病が性病といわれていましたが、現代社会において新たな性病も増えてきています。
クラミジア、トリコモナス、カンジタ、B型・C型肝炎等これらの病原体が性行為により感染します。
感染しても症状が軽かったり、自覚症状の現れないこともあり、パートナーも感染してしまいます。
これらの性感染症(性病)全般にいえることは、粘膜同士の接触で感染することです。咽頭クラミジア、咽頭淋菌などは性器接触がなくても、オーラルセックスにより、口から性器へ、性器から口へ感染します。

クラミジア
症状 男性:亀頭にかゆみ、排尿痛や不快感を伴う。また、尿道炎に推移し進むと膿などがでる。
女性:おりものが増え腹痛や不正性器出血などの症状があるが気づかない事が多く、不妊症・早産・流産の原因にもなる。
潜伏期間 10~20日
咽頭クラミジア
症状 オーラルセックスにより喉に感染し、症状は気づかない事が多く、不妊症・早産・流産の原因にもなる。
潜伏期間 1~2週間
淋病
症状 男性:黄色い膿が出て排尿回数が増えると共に強い排尿痛がある。
不妊症になりやすい。
女性:外陰部に炎症、尿道炎をおこし痛みや膿がでる。悪化すると淋菌性膣炎、子宮内膜炎、淋菌性卵管炎を起こすこともある。
潜伏期間 1~7日
咽頭淋菌
症状 オーラルセックスにより喉に感染し、症状は気づかないことが多いが、喉の腫れ、発熱喉の痛み、咽頭炎などを引き起こす。
潜伏期間 3~10日
性器ヘルペス
症状 男性:大部分の人が無症状か軽い排尿時の痛みがあり前立腺炎を起こす事がある。
女性:強い匂いの泡だった黄緑色のおりものがあり陰部に刺激やかゆみを伴います。低体重児の危険性、また妊娠中の女性は早産、前期破水を招きやすい。
潜伏期間 4~20日間
カンジダ
症状 男性:ほとんど症状は出ないが、まれに皮膚が赤くただれたりする。悪化すると膀胱炎をおこす事がある。
女性:外陰部が赤く腫れたり、かゆみ、白いヨーグルト状のおりもの、豆腐かすのようなポロポロしたおりものがでる。膣炎になる。
カンジダ菌は膣の中だけでなく、私たちの皮膚、腸、口の中、また肺にも存在しており、健康な人にとってはなんの問題もない人体常在菌だが、体調が悪いときや病気、妊娠しているときなどで抵抗力が弱っていたり、ホルモンバランスが崩れていたりすると菌が増殖し、膣壁に炎症を起こすとカンジダ膣炎になる。
潜伏期間  1~7日
コンジローム
症状 感染後、数週間から2~3ヶ月を経て、陰茎亀頭・肛門周囲等の性器周辺部にイボ状の小腫瘍がたくさんできる。
潜伏期間 3~4ヶ月間
B型肝炎
症状 B型肝炎ウイルスは血液を介して感染する。感染経路は主に母子感染、性行為感染、輸血、臓器移植、刺青等がある。
潜伏期間 1ヶ月~半年
C型肝炎
症状 血液を介して感染するC型肝炎ウイルスによるもので、高率に持続感染となり、慢性肝炎から肝硬変へと数十年の頚苛で進展していく。肝がんの発症とも関連が深い。
潜伏期間 14~90日
梅毒
症状 約3週間程の潜伏期間があり赤い発疹が出たり消えたりする。その後、2~3週間ほどで手の平、足の裏、肛門、陰部などに赤い斑点が出る。先天性梅毒は胎児に感染し流産や死亡する可能性が高くなりやすい。
潜伏期間 2~3週間
HIV/エイズ
症状 風邪の症状に似ている。無症状期間が長く進行すると抵抗力が弱くなり、細菌やカビなどの病原菌に、いろいろな病気を引き起こすようになる。後天性免疫不全症候群/AIDSともよばれ、早期発見により症状を軽くしたり、発病を遅らせられる事が出来る。
潜伏期間 未治療の場合、約10年