無痛分娩

一般的に無痛分娩と呼ばれているのは硬膜外麻酔分娩のことです。背骨の中を通る硬膜外腔(背中から腰の脊髄の近く)にカテーテルと呼ばれる細くやわらかいチューブを入れて、そこから麻酔薬を少量ずつ注入することにより出産時の痛みを和らげる方法です。

麻酔薬を注射すると腰から下の間隔がにぶくなりますが、意識ははっきりと残ります。足を動かしたりすることもできます。分娩に関して言えば、赤ちゃんの下降してきた漢字や子宮の収縮も感じることができるので、一般的な経膣分娩と同様に子宮の収縮のタイミングを合わせて、ゆっくりいきみながら分娩をすすめることになります。

また、全身麻酔とは異なり、「硬膜外無痛分娩」は局所麻酔、つまり下半身だけへの痛み止めですので、赤ちゃんへの麻酔薬による影響はとても少ないと言われています。痛みが取れない場合には、麻酔薬を追加します。また、途中で麻酔がきれてしまうことはありません。麻酔の効き方も個人差があるので一概には言えませんが、出産間近になると生理痛程度の痛みを感じる場合もあります。

無痛分娩では出産時の痛みを軽減し、リラックスして、お産をすることが出来ます。このため、子宮頚管(子宮の出口)が硬い方や、血圧が高い方などに有効と言われています。また、欧米の先進国では、出産は「母体だけでなく赤ちゃんにもストレスをかける」ものと考えられ、分娩の際には専門の麻酔医のもと、無痛分娩が行われるのもです。フランスでは9割、アメリカでも6割以上の女性が無痛分娩により出産しているとも言われています。

日本では、残念ながら無痛分娩を選べる産院が少ない状況です。専門の麻酔医が少なく、対応しきれないほか、「妊娠は自然なかたちで産むのが一番」お腹を痛めて痛めて産んでこそ母親になれる。母性もできる」といった考えが根強いこともあるでしょう。しかし、当院で無痛分娩を選択された方々からは、多く満足の声を頂いています。

無痛分娩のメリット

  • 痛みが軽減されることで無駄に力むことが無くなり体力の消耗が少なく済みます。
  • 痛みが軽いと心身ともに緊張がとれて、分娩の進行がスムーズになります。
  • 痛みへの恐怖による力みが軽減される事で会陰が十分に伸び、会陰切開をする確立が減ります。
  • 出産時のストレスが軽減された結果、出産後の母乳の出が良くなることがある。
  • 母体の回復が早いので積極的に赤ちゃんをお世話する事ができる。
  • 途中で帝王切開術に切り替える場合には、麻酔薬を追加することによって手術の準備がすみやかにできます。

無痛分娩のデメリット

麻酔薬の副作用として、皮膚のかゆみ、頭痛、吐き気、発熱、軽い血圧低下などがあります。血圧低下に関しては、点滴により治療できます。横向きに寝る事によって血圧は下がりにくいことも知られています。また、体がかゆくなることもよくあります。かゆくなる部分は薬剤の種類によって多少違いがありますが、このかゆみは長くとも1時間程度でなくなります。その他、背中の注射した場所にしばらく痛みが残ったり、数日間軽い頭痛 を感じたりすることがあります。

いずれの副作用も、早期にきちんと対処療法を行えるよう予め準備を整えてあります。

硬膜外麻酔法のリスクとして、皮膚が妊娠によって脂肪が増えているため、まれに背中に這わせたカテーテルが、皮膚に沿って圧迫を起こして軽い炎症を起こすことがあります。また、極めてまれなケースとして硬膜外麻酔が隋駅に入ってしまったことによって麻酔が上半身まで広がり呼吸が苦しくなったり、足に力が入らなくなったり一時的に意識が遠のいたりする場合があります。また、硬膜外カテーテルの先端が血管の中に入ってい待った場合には、舌や唇がしびれたり、ひきつけ(痙攣)をおこしたりすることがあります。(局所麻酔薬中毒)。さらに、カテーテルを抜いた後に一時的に硬膜に孔ができることで、しばらく強い頭痛が続くことがありますが、これらには適切な対処法を行います。

無痛分娩は全ての方が出来るわけではありません。
一度ご来院頂き担当医師とご相談下さい。

  • 38W計画分娩   原則(月、水、木、金)
  • 緊急無痛としての対応可能(条件が整った場合)
  • 料金 無痛分娩69,000円
    緊急    89,000円