子宮頸がん・子宮体がん検診のすすめ

なんで検査した方がいいの?

20代~30代の女性に最も多い癌が子宮頸がんです。子宮頸がんの原因となるヒトパピロマウィルスは性行為で感染する為、性交経験のある方はヒトパピロマウィルス感染の可能性があります。子宮頸がんは将来の生活(妊娠や出産)に大きな影響を及ぼす病気ですが、定期的な検診でがんになる前に発見できる病気でもあります。がんの早期発見の為、検査を受けるようにしましょう。

 

検査をうける頻度は?

2年に1度は検診を受けることが理想です。クリニックでは佐波伊勢崎地区の子宮頸がん検診を受けることができます。佐波伊勢崎地区では1年に1度、子宮頸がん検診を促す手紙が送られていて、安価(または無料)で検診を受けられる機会なので上手に利用して検査を受けてみましょう。

 

子宮頸がん検査と子宮体がん検査の違いは?

子宮頸がんは子宮頸部、子宮体がんは子宮体部に発生します。子宮頸がんはウィルス感染が要因なのに対し、子宮体がんはエストロゲン依存性のがんで50代~60代の閉経後の女性に多く発症します。また肥満・糖尿病・高脂血症などの人も、気を付ける必要があるといわれています。

 

検査をうけた日はお風呂に入っても平気?

検査後、出血がなければ入浴できます。出血のみられる方はシャワー浴ですませましょう。

 

検査後、再検査をすすめられたら?

子宮頸がんが疑わしいと判断されたときは、医師の指示を守って正しく受診しましょう。子宮頸がんがごく早期に発見されれば、簡単な手術で子宮の温存も可能なので、将来の妊娠や出産も望めます。

 

検査を受けるときの注意

・検診を受けるのは生理が終わってから1~2週間後くらいがおすすめです。

・前の日は性行為はやめましょう

・問診のときに前回の生理の開始日を必ず聞かれるので、事前に確認しておきましょう

・検査は内診台にあがるので、ズボンよりフレアースカートのほうが便利です

・診察前に排尿をすませておきましょう

 

検診のながれ

 

検査は予約がなくても受けられます。

受付の手続きで簡単な問診の記入が必要なので、時間に余裕を持ってお越しください

 

  • まずは保険証を持って病院に。(伊勢崎市・玉村町にお住まいの方は子宮頸がん検診の助成が受けられます。受診に必要な書類もあわせてお持ちください)
  • 受付で問診票を記入します

大切な問診なので恥ずかしがらず、ありのままを記入しましょう

  • 診察室に入って先生と話します。

せっかくなので、遠慮せず小さなことでも相談してみましょう

  • 内診台にあがります。

膣を専用の器具で広げてから子宮頸部の状態を視診(目で見て確認)し、やわらかいブラシのようなもので子宮頸部の粘膜をなでるように採取します。痛みはほとんどありません。

問診の状況や視診の際に必要だと判断された場合は、超音波検査など他の検査を行うことがあります。

  • 検査終了。
  • 会計をしておしまいです。

検査結果は普通なら1週間~10日前後

市町村の助成を受ける検診だと2週間~3週間くらいで検査結果がわかります。

検査結果の確認にもう一度受診にお越しください。